2017.08.23 野村 健次(社長)

政次ロス(大河ドラマ 女城主 直虎)

大河ドラマ「女城主 直虎」を見ていない人には、ピンとこないかもしれないですが、
いま政次ロスが、急上昇キーワードとして話題になっています。
先日の放送「嫌われ政次の一生」が放送されたのですが、これが泣ける泣ける。。( ノД`)

今まで「真田丸より面白くないな」「月9ドラマみたいだ」とか、冷めた目で見ていましたが、
まさかの神回が来るとは。
今までの詰まらない放送が、この回の為の伏線だったとしたら凄すぎます。

↓ここからネタバレなのでご注意を!

直虎と政次の、二人は幼馴染なのですが、
井伊家をを守る為に、女城主となった直虎と、
小野家の本懐を守る為、今川家の目付として井伊家を監視すると偽りながら、
矢面に立ち、井伊家を陰で支えた小野政次ですが、
侵攻してきた徳川軍の策略により、囚われてしまいます。

そこで直虎は助けを出すのですが、その助けを政次は、
「俺一人の首で済ますのが最も血が流れぬ」という理由で助けを断ります。

そして、磔(はりつけ)の刑にされるのですが、
徳川軍に殺されるよりも、直虎自身が引導を渡してやらねばと、
自ら槍をとり、政次の左胸を突き刺します。

そこでの二人の会話は
直虎「地獄へ落ちろ、小野但馬。地獄へ。ようも、ようも我をここまで欺いてくれたな。
   遠江一、日の本一の卑怯者と未来永劫伝えてやるわ」
政次「笑止。おなご頼りの井伊に未来などあると思うのか?生き抜けるなどと思うておるのか?
   家老ごときにたやすく謀られるようなおろかな井伊が、やれるものならやってみろ。地獄の底から、見届けて…」
と、最後まで悪役として息絶えます。
これはおそらく、究極の別れのシーンでは無いでしょうか?

政次が、最後に残した手紙も泣けてきます。
「白黒をつけむと君を一人待つ。天つたう日ぞ愉しからずや。」
と、直虎と打つ碁を心から楽しんでいた様子が解ります。

普通のドラマなら、まさか殺すわけない。策をもって切り抜ける。
「殺したふり。」とか、「ぎりぎりになって助けるとか。」などと思っていましたが、大河ドラマは容赦が無いですね。。
史実だからかもしれないですが、平和なドラマとは訳が違います。

しかし、今が33話ですので残り17話(全50話として)どうするんでしょう?
昨日のが、最終回といってもおかしくない位の、盛り上がりでしたが、
来週は「隠し港の龍雲丸」なんてタイトルですが、龍雲丸は大丈夫でしょうか。。
龍雲丸も死んでしまったら、もう誰も残っていないですね。

まさに、先が読めない(というかあまり有名でない)「女城主 直虎」がとても面白くなってきました。
ただ、高橋 一生ファンの人は、翌日の仕事は大丈夫だったのでしょうか?
あれほど衝撃的な死にざまは、ドラマと言えど衝撃的です。
本当に「会社を休む」くらいの事が有っても、おかしくないなと思いました。

お問合せ CONTACTMORE 

お電話でのお問合せは

03-6661-9934

お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問合せは

お問合せフォーム