2018.01.30 野村 健次(社長)

仮想通貨の今後を考えてみました

仮想通貨の流出事件が起きました。
皆さんもご存じでしょうが「コインチェック」の580億流出事件です。
しかし、この額に驚きです。。
580億って、、どれだけ働けばこの額が稼げるのでしょうか?

普通の働き方では無理ですよね。
それこそ何千の人が一生懸命働いても、たどり着けないような数字ではないでしょうか?
それを20分で盗まれてしまうとは。。

仮想通貨は形の無いものですから、ルパン三世のように現金を風呂敷で包んで、
車に無理やり詰め込んで、走り去る。。 なんて事は必要ありません。

セキュリティに穴があれば、そこに付け込んで盗まれてしまいます。
しかも今回は、仮想通貨をホットウォレット(常時ネットワークに接続された環境)に
置いていたというから驚きです。
まず最初に、考えるセキュリティだと思うのですが。
やはり利便性を考えると、ホットウォレットに置くしかなかったのでしょうか?

ただ仮想通貨で思う事は、せっかくのデジタル通貨なので「不正に取引された通貨は、
無効にできる機能」などは、付いていないのでしょうか?
現金ですら番号が付いていて、身代金などで不正に盗まれたお金は足が付く
システムになっています。
もちろん、改ざんなどは出来ないでしょうが、盗んで使えるというのは、
通常の通貨と変わりが無いように思います。

ビットコインの時価総額が、20兆円をこえました。
同じような性質を持つ、金の時価総額は900兆円といわれています。
今後ビットコインがスマホなどで電子決済が出来て、日用品などが買えるようになると、
もしかすると全世界で使えて破綻の心配もない、仮想通貨の方が円より便利で安心。
となってしまうかもしれません。

ただ、この仮想通貨バブルで「真面目に働くより、仮想通貨の運用していた方が儲かる」と
若い世代で言われています。
こういった人たちが大人になって、真面目に働くことが馬鹿馬鹿しいと思わないのでしょうか?

仮想通貨が世界的に安定するまで、このバブルは続くと思います。
それまでに、若者たちの勤労意欲が無くならないことを祈るばかりです。

お問合せ CONTACTMORE 

お電話でのお問合せは

03-6661-9934

お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問合せは

お問合せフォーム